HOME > 過払い金請求とブラックリスト > 過払い金請求とブラックリスト

過払い金請求とブラックリスト

過払い金請求をしても原則、ブラックリストに載らないことになりました!(注1)

kataoka_sama-1.jpg

これまでは、過払い金の請求をすると信用情報機関のリストに掲載されてしまい(ブラックリストに掲載されてしまい)、新規の借入が出来ない、クレジットカードが使えない、といった不都合がありました。
そもそも、こうした信用情報機関による情報管理や共有は、与信の無い方に融資をすることが無いように事前に情報を共有化することが目的ですので、返済が終了した方をブラックリストに登録すること自体、道義的におかしいのでは?といった声がありました。

こうした状況が、ようやく金融庁の指示によって改善されることになりました。

下記には、JICC(株式会社日本信用情報機構)の発表の一部を転載させていただきますので、ご参考ください。

「貸金業者が債務者からの過払金返還請求に応じた場合に、その客観的事実を表す情報として当該債務者の信用情報に登録される情報」について、
①報告基準の廃止。②平成22年4月19日以降、当該情報の報告受付、および会員である金融機関への回答停止。③既に登録されている当該情報を信用情報データベースから全て削除。

上記の内容に関する発表がありました。
詳細は、こちら

JICCからの発表

をご確認ください。

 

これにより、4月19日以降は、過払い金の請求をしても、原則として、ブラックリストに載らないことになりました(注1)。

また、上記の③により、既に登録されている情報についても削除されることになりました。

(注1)完済前の場合は、過払金返還請求のみを行った場合でも、ご契約先がお客様からの請求が過払金返還請求のみであるか分からない場合には、「32:債務整理」が登録される場合 があります(完済後の過払金返還請求の場合は登録されません)。
 
ただし、最終的に過払金返還請求のみしか行わなかった場合には、当該情報は削除するこ ととなっております。

(注2)あくまで過払い請求の場合のみですので、例えば、債務整理の結果、A社で過払い100万 円、B社で債務残30万円となった場合には、従来通りB社からブラックリスト登録申請がされます。また、過去に返済の延滞や債務整理をされたことのある方は、既に信用情報登録されている可能性があります。

  ※過払い金とは… こちら をご覧ください。さらに詳しくは こちら からどうぞ。

 

過去に借金を完済された方へ 

返済が終わっていても、最後に弁済してから10年以内であれば、「過払い請求」が可なケースもあります。
お心当たりがある方は、お気軽にご相談ください。

 

平成18年1月以前に自己破産された方

平成18年1月以前に自己破産し、免責決定を受けた方の中には「過払い請求」が可能なケースもあります。
お心当たりがある方は、お気軽にご相談ください。