HOME > 総量規制について

総量規制について

総量規制とは?

総量規制とは、貸金業法の改正により、平成20年6月18日に完全施行され、「総借入金額が年収の3分の1を超える」ことが原則禁止されることになりました。(このことを「総量規制」といいます。)


このため、収入によって、借入できる限度額が制限されることになります。
総量規制が始まるとどのようなことが起きるのでしょうか?

・既に賃金業者から個人向け借入で年収の3分の1を超えている場合は、新たな借入が制限されます。
・専業主婦の場合、一般的に「年収」がないため、配偶者の年収の申告書を提出しなければなりません。そのため、一人で借りることができなくなります。
なお、消費者金融大手は、改正貸金業法の完全施行が予定されている6月以降、収入のない専業主婦(主夫)への貸し付けを中止する方針を固めたようです(新聞報道)。

 

 

総量規制の除外と例外

この総量規制には、「除外」と「例外」があります。

総量規制で、新規に借入が出来なくなって借入と返済のサイクルがうまく回らなくて困ってしまう方が、これから6月18日以降に多く出てきてしまうことが予測されています。問題を先延ばししても、根本的な解決にはなりません。お困りの方は、早めに無料相談のお問合せください。 

除外
・不動産購入のための住宅ローン
・自動車購入時の自動車担保貸付
・高額医療費の貸付
・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
・手形(融資手形を除く)の割引
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

例外
・有価証券担保貸付け
・不動産担保貸付け
・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
・顧客に一方的有利となる借換え
・緊急の医療費(高額医療費を除く)の貸付け
・配偶者と併せた収入の3分の1以下の貸付け
・個人事業主に対する貸付け
 

 

※詳しくはこちら(金融庁のホームページ)をご覧ください。

 

まずは、お気軽にお問い合わせください

 

foot0612b.PNG 

 

tel0425b.PNG

 

muryo0512.PNG 

 

 hiyou0512b.PNG