HOME > 借金問題Q&A

借金問題に関するQ&A

 

任意整理に関するQ&A

IMG_6516.JPG修正.JPG

Q.任意整理の場合、裁判所に行く必要はあるのでしょうか?

任意整理の場合、司法書士が直接債権者と和解交渉をいたします。
依頼者様が裁判所に行く必要はありませんので、ご安心ください。

Q.すべての借金を任意整理しないといけないのでしょうか?

任意整理の場合、債権者を選ぶことができます。住宅ローンや
オートローンなどは、任意整理の対象から外し、高金利のキャッシング
のみを対象とすることが可能です。

Q.保証人がいるのですが、ばれずに整理できますか?

連帯保証人であれば、その債務を連帯保証人が弁済する義務がありますので伝える必要があります
ので、事前に保証人に事情を説明した上で行う方が良いでしょう。
どうしても保証人に迷惑をかけたくない場合、任意整理では債権者を選択できますので、
通常通り弁済することもできます。迷われましたら、まずはお気軽にご相談ください。

 

過払い金の請求に関するQ&A

Q.過払い金が発生しているかを知る方法はありますか?

過払金が発生しているかどうかは、貸金業者から取引履歴を取り寄せて、利息制限法で引き直し計算を
してみなければ、正確に知ることはできません。
過払い金の発生する取引年数は、一般的には5年以上取引があれば過払い金が発生している可能性が
あり、7年以上であれば過払い金が発生している可能性はかなり高いといえるでしょう。


Q.グレーゾーンとは何ですか?

グレーゾーン金利とは、利息制限法に定める上限金利(元本により年15%~20%)は超えるものの、
出資法に定める上限金利(年29.2%)には満たない金利のことです。
利息制限法によると、同法で定められた金利を超える部分は無効とされていますが、これを超えても
出資法の範囲内であれば刑罰の対象になりません。消費者金融などの貸金業者の多くは、
この金利で金銭を貸し付けています。これは、過払い金の対象となります。

 

自己破産に関するQ&A

Q.自己破産できない場合とはどんな場合ですか?

借金が、ギャンブル・極端な浪費による場合や、だまして借りた場合などには、責任が免除されません。
そのような場合は、裁判所を通さない任意整理をするか、民事再生手続きを検討することになります。
ただし、ギャンブル等による借金の場合でも、一定の金額を支払うことによって、免責決定を得ることが
出来る場合もあります。


Q.自己破産をすると、銀行取引ができなくなるのでしょうか?

銀行が債権者のひとつである場合には、破産申立通知の同銀行到着により、預金残高を引き出す
ことはできなくなります(後から原則として相殺されます)。銀行が債権者ではない場合には、
預金したり公共料金の引き落としなどの取引は通常どおりできます。ただし、同銀行の口座から
クレジット会社の引き落としがされているような場合には、破産申立通知後も引き落としがされる
場合がありますのでご注意下さい。このような場合、給料振込口座を変更することをお勧めします。

個人再生に関するQ&A

Q.パートやアルバイトでも個人民事再生を利用できますか?

個人再生は一定の収入がある方が対象になります。マイホームを手放さずに済むというメリットが
ありますが、「住宅ローンを除く借金の総額が5000万円を超えないこと」と、「安定的な
収入が見込めること」
が要件となっています。


Q.ローン中の車はどうなりますか?

個人再生では、ローン中の車があればローン会社を含めて処理する必要があります。
車を手元に残したい場合は、任意整理などを利用した方がいいでしょう。

サポート料金に関するQ&A 

Q.着手金は本当に掛からないんですか?

着手金はいただいておりません。ですから、ご相談時に着手金やご相談料をご用意する必要は
ありません。借金問題に関するご相談にお越しいただくのに、お金が必要では安心してご相談が
できないと思います。ですから、わかくさでは着手金をいただいておりません。


Q.分割での支払いも可能ですか?

借金問題は短期間では解決せずに、債務残高をゼロにするために、1~2年かかってしまう
場合もあります。こうした場合も、分割払いが可能ですから、少しずつ
借金返済を確実に進める
お手伝いをさせていただくことが可能です。

 

無料相談に関するQ&A 

 

IMG_6696.JPG修正.JPG

 

Q.土曜日のご相談も可能でしょうか?

土曜日でもご相談は可能です。ただし、事前に予約を
いただいた方を対象としておりますので、まずはお電話を
お願いいたします。また時期やタイミングによっては、
ご相談をお受けできない場合もございます。
あらかじめご了承ください。

無料相談のお問い合わせは、0120-596-742 まで、お願いします。

岡崎事務所アクセス 事務所案内

まずは、お気軽にお問い合わせください

 

foot0612b.PNG 

 

tel0425b.PNG

 

muryo0512.PNG 

 

 hiyou0512b.PNG